防音・遮音カーテン ピアリビング > 防音カーテンの採寸方法(通常の防音カーテン)

防音カーテン「コーズ」

店長のブログ

商品一覧

防音・遮音レースカーテン

そのほか補助アイテム

ワンタッチ防音壁

だから、ぴあリビングでカーテンを購入しました。選ばれる理由

お客様の声

よくある質問

 

通常のカーテンの測り方 サウンドガードUの測り方  

通常のカーテン(厚地・レース) の測り方

幅を決める

 

金属レールの図

■一般的な金属レールの場合

  • レールの左端から右端までを測って2で割った長さが、両開きのカーテン1枚の仕上がり巾です。
  • 円の中の図のように、メジャーをレールのキャップの先端に引っ掛けて測ると、お一人でも簡単に測る事ができます。
    例/カーテンレール210cmの時は、210cm÷2=1枚のカーテンの仕上がり巾105cm
装飾レールの図

■装飾レールの場合

  • 左端のブラケットの外側から、右端のブラケットの外側の長さを測って2で割った長さが、両開きのカーテン1枚の仕上り巾寸法となります。
    基本的には、厚地カーテンのレールも、レース用のレールも長さは同じです。
出窓レールの図

■出窓のカーブレールの場合

  • 出窓のカタチに沿ってダブルでレールがついている場合は、室内側と室外側ではレールの長さが違います。
    レールに沿って一辺ずつメジャーで測り、たしあわせ2で割った長さが、両開きカーテン1枚の仕上り巾寸法となります。

 

丈を決める

ポイント

高さを測る時は、右の図のように、
必ず、フックをかけるランナーの内側 を基点にして測ります。
カーテンレールにひっかけて測らないでください!

  • 厚地カーテン用と、レースカーテン用のレールでは、ランナーの下(またはリング下)から、床面までの高さが異なりますので、必ず両方を測ってください。
  • 装飾レールの場合は、レールのリング下から測ってください。
測り方
 

■掃出し窓の場合

金属レール掃出し窓の図

 
厚地 ランナーの下から床面ピッタリまで。
レース ランナーの下から床面ピッタリまでを測り、
-1cm

■掃出し窓が、床よりあがっている場合

金属レール掃出し窓の図  
厚地 ランナーの下から床面ピッタリまで。
レース ランナーの下から床面ピッタリまでを測り、
-1cm

※床面まで長くしたくない場合は、ランナーの内側から
ご希望の高さまでをお測りください。

■腰窓の場合

腰窓の図

 
厚地 ランナーの下から窓枠の下部分より
+15〜20cm
レース ランナーの下から窓枠の下部分より
+15〜20cm
さらに-1cm。

 

■出窓の場合

出窓の図

 

出窓の場合は、厚地カーテンとレースカーテンは、
仕上り寸法が同じになります。

【A】 窓にそってカーテンレールが付いている場合
厚地 ランナーの下から窓枠の下部分より、-1cm。
レース ランナーの下から窓枠の下部分より、-1cm。
【B】 窓の内側にカーテンレールが付いている場合
厚地 ランナーの内側から窓枠の下部分より
+15〜20cm
レース ランナーの下から窓枠の下部分より
+15〜20cm
さらに-1cm。

■カーテンフックについて

フックについて

※総丈は、ご指定のサイズにAフック+1cm、Bフック+4cmを加算した寸法となりますので、ご了承ください。

   
ページの上部へ